ヘッダ画像:バストアップサプリの飲み方

バストアップサプリってどうやって飲んだらいいの?

バストアップサプリは1ヶ月間通して同じものを飲むのではなく、二つの女性ホルモン(黄体ホルモンと卵胞ホルモン)の分泌時期を見極め摂取するようにすると効率が良くなります。

例えば、有名なバストアップ成分のプエラリアは卵胞ホルモンの作用をサポートするので卵胞期に飲み、ワイルドヤムは黄体ホルモンの作用をサポートするので黄体期に飲むといった感じです。

もし、プエラリアが配合されたバストアップサプリの内容量が1ヶ月分であれば、卵胞期に飲むだけで良いので2ヶ月間持つことになります。経済的ですし、ホルモンの異常分泌も引き起こしにくくなるのでリスクも低くなり一石二鳥です。
イメージ画像:バストアッサプリ

成分に合わせて飲む時期を変える

バストアップサプリに配合されている成分は、主に卵胞期に作用するものと、黄体期に作用するものに分けられます。

バストアップ成分として有名な成分である『プエラリア』は卵胞期に作用する成分です。したがって、黄体期に飲むと副作用出やすくなる場合があります。
逆にワイルドヤムに代表されるような黄体期に作用する成分を含んでいるものは、卵胞期に飲むと同様に副作用を起こしやすくなります。

よく口コミなどで、副作用が出たといった声を多くみかけますが、これは、飲むサプリの成分を把握せず、ひたすら飲み続けた結果ということも事例としてよくあります。

グラマーであれば、1ヶ月通して飲んでも女性ホルモンの分泌異常を考慮した成分配合となっているため問題ありませんが、その他のバストアップサプリは成分を把握しての飲み分けが必要です。このあたりは飲み方で最も重要な部分ですので、しっかり把握しておきましょう。

サプリの成分を把握し、次期に合わせた服用を

日中と空腹時のタイミングが飲み方としては良い

バストアップサプリの適した飲み方のタイミングとして、血流の良い時期に飲むのがよいとされています。 したがって、活動の活発になる日中の服用が良いでしょう。血流が良いためバストアップサプリの成分が回りやすいからです。

また、食後はできるだけ避けるほうが無難です。理由としては、食べたものの吸収に体が対応する時期のためサプリの成分吸収がおろそかになるからです。

したがって日中の空腹時の服用が一番良いとされています。

生理中のサプリの飲み方

バストアップサプリに配合されている美容成分によっては摂取できるサプリもあります。

例えば、卵胞ホルモンの作用をサポートしてくれる成分であれば、生理の後半から飲むことができると言われています。しかし、生理痛は個人差があるため、生理後半でも立ち上がれないほど辛い症状が出る人は避けた方が良いでしょう。

サプリメントによっては、生理中の摂取をおすすめしないと注意喚起を促す文言が記載されているものもあります。

イメージ画像:生理中はできるだけサプリを飲むのは控えたほうが良いです

サプリメントの摂取量

サプリの摂取量は飲み始めから徐々に量を増やしていき、体に慣れさせると突然副作用が起きる心配も少なくなります。サプリメントの箱やボトルに記載されている摂取量は自分の適正量ではないので、自分の体調を見ながら摂取量を増減させると良いでしょう。


関連記事を読む
バストアップ 阻害するもの
サプリ以外のバストアップ方法
育乳サプリ 安全性


人気バストアップサプリTOP3

1位
B-ビューティーサプリ グラマー 7年間売れている人気商品!
画像:グラマー 価格(税込)内容量
6,800円90粒(450mg/1粒)
評価

星5つ
卵胞期、黄体期を気にせずに飲める「グラマー」。絶妙の成分配合により2つの女性ホルモンの分泌異常を防ぎます

2位
ハイスピード・プエラリア100    全額返金保証付き!
画像:ハイスピード・プエラリア100 価格(税込)内容量
12,800円90粒(235mg/1粒)
評価

星4.5つ
バストアップサプリでは珍しい全額返金保証のついたアイテムです。製薬会社と共同開発された商品なのでバストアップサプリの安全面が気になる人でも安心して使用できます。

3位
レディーズプエラリア99%     色々な雑誌で紹介!
画像:レディーズプエラリア99% 価格(税込)内容量
21,600円60粒(330mg/1粒)
評価

星4つ
ロングヒットを続け、たくさんのメディアで紹介されてるバストアップサプリです。多くのリピーターのいるアイテムですが、サプリ初心者にも優しい「シスター」というライトタイプもあります。